性病の危険と性病検査のすすめ

性病に感染しているのではないか?と心配になったことがある人はどのくらいいるのでしょうか? きっと、このサイトを見ている方々の多くが性病の心配をして訪れたのだと思います。 脅すわけでは無いのですが、性病になっても治療でほとんどの症状を抑えることが可能ですが、中には一生の付き合いとなってしまう性病もあります。

しかし、検査をうけて早期発見することで完治できる性病もあります。
また、性病の知識が乏しいため自分が性病になっていることがわからずに第三者へ感染させてしまう人もいるため性病についての正しい知識と検査方法について当サイトでまとめてみました。

性病は早期発見することで二次感染をふせぐ自分自身の健康を守ることもできます。
しかし、病院への検査に躊躇してしまう人、性病を気にかけずにいる人など第三者に感染させてしまう危険性に気づかずに過ごしている人達もいます。

本人に自覚があった場合、なかった場合でも性病を移した場合、法で裁かれる判例があるので気をつけてください。まず第一に行うことは保健所でも病院でもいいので性病検査をうけることです。

HIVウィルスなどは潜伏期間が数年単位と非常にながいため専門知識がないと感染しているか本人でさえわからない事がほとんどです。その潜伏期間中に診察をうければかなりの確率で発症の症状をおさえ日常生活にもどることができます。

性行為のあとに体調がおかしいと感じたら最寄の病院か保健所での検査を早期の段階で受けるようにしましょう。

性病検査の重要性

性病と聞くと、なんだか恥ずかしくてなかなか病院に行きづらいとかそんな風に思ってしまう人がたくさんいます。 上記のように、命にかかわるような重大な病気の場合は人に移してしまう危険性もありますが 性病の恐ろしいところはこれ以外にもあります。
特に症状が軽いものや、自己解決しやすいものほど 性病の中には長く患っていると不妊症になりやすくなってしまうものや、 何度も繰り返してしまい不愉快な身体の他の部分に不調をきたしてしまうものもあります。

大した症状ではないとか軽くみずに、少しでも気になることがあるれば必ず婦人科を受診しましょう。 今は、赤ちゃんを産みたいという願望がなくても、将来そう思ったときに手遅れにならないためにも恥ずかしがらす、きちんと受診することが大切です。

性病検査の重要性 男性編

男性の方が性病に気づきやすく、クラミジアなど、体内に性病を持ち続ける事はありません。 また、男性の場合は尿道を精液が通るので、痛みなども感じやすく、体調管理は女性よりしやすいでしょう。 男性は性器が体外に露出しているので、真性包茎で無い場合はすぐに異変に気づくはずです。仮性包茎でもきちんと剥いて洗う癖があれば異変に気付くはずです。
とは言っても、性病かな?心当たりがあったら必ず治療は必要です。性病検査は家でも出来ますが、出来るだけ病院へ行きましょう。 家でできる性病検査キットの到着を待っている時間があったら、すぐ病院です。お金はかかりますが、体が一番大事だという事を忘れないように。

性病と包茎の関係

性病と包茎は関係あります。ペニスを清潔に保てないので、重度の包茎の方は手術、治療を受けましょう。 包茎の手術、治療について書かれている精力剤情報局では、手術ではなく、サプリメントでペニスを大きくして 脱出という面白い記事がありました。皮がある分、大きくなるという話はとても興味深かったです。 つまり、包茎はペニスが大きくなる伸び白だということなのです。日本人のペニスの平均サイズは12センチ13センチと言われていますが、 増大サプリ等を使用することにより、プラス4センチ、5センチは大きくなる見込みができるので、朗報です。


性病と免疫の関係 女性編

性病は必ずかかる、必ずかからないなどなく、その時の体調にも大きく左右されます。 日ごろから栄養をしっかり取り、免疫力を高めておくことが大切です。 免疫力を高めることによって、ウィルスや細菌から身を守れる力を持ちましょう。 もちろんそれだけで防げるわけではないので、コンドームの使用などを心がけましょう。 女性は身を守る意味でも、必ず男性に対してコンドームを使用することを促しましょう。それも1つの愛だと思って言いづらくても頑張りましょう。

性病に対す免疫機能が正常に働く環境を整えておくことも大事

食生活や睡眠などの基本的な部分だけではなく、性病に対する免疫機能が正常に働くためには大切な部分を清潔に保つことも重要です。通気性が悪かったりあまり不衛生にしているとその時点で免疫力が低下してしまうので以下のことにも気をつけましょう。

・VIOのムダ毛の処理はこまめにする
陰毛全てを処理する必要はありませんんが、やはりあまりにも毛深いと 通気性が悪くなってしまいカンジタになりやすくなってしまいます。 また、あまりに長い毛だと性行為の際に巻き込まれてしまいひっぱられ炎症を起こす可能性があります。 炎症した部分からの感染を防ぐためにも、陰毛の処理は定期的に行いましょう。

・通気性に優れた下着を選びましょう
陰部周辺は、粘液や尿などもともと湿気の多い部分ですし、洋服を着ていると風邪通りが悪くなりこもってしまいやすいです。 湿度が高くなってしまうと、私たちの体にもともといるカンジタ菌などが活発に働き 免疫機能が体内の菌の増殖を抑えるのにパワーを使ってしまいます。 そうすると、対外から性病のウィルスが入ってきても万全の状態で戦うことができません。 女性用の下着であれば、大体はクロッチ部分にコットンが使われていますが 全体がコットンなのと一部がコットンではだいぶ違います。 おしりやお腹周りも汗をかいているので、全体がコットン素材のものを選ぶほうが吸汗性に優れているのでおすすめです。

・身体の異変に気づいたら休息するようにしよう
忙しいと無理をしてでも仕事を頑張っちゃたり、疲れているのに遊びに行っちゃったり。 疲れを感じている時は、身体も危険信号を出しています。 無理をせずにきちんと身体の声を聞いて休むようにしましょう。 1日家でのんびり過ごすだけでもだいぶ違います。 たまにはお家でまったり過ごすのも悪くないです。

全身脱毛と性病検査

バスや、電車などの広告で増えている女性の方に向けた値段、料金の安い全身脱毛、光脱毛を使用する脱毛サロンが増えていますが、特にニードル脱毛などを使用する際は、性病検査を前もって受けて置きましょう。 性行為だけで性病が移るとは限りません。全身脱毛は特にデリケートゾーンであるVIOライン(ハイジニーナ)なども脱毛する方が多いので、 検査を受けずに後から知らなかったでは済まされません。

アップデート情報

カンジタについてを更新しました。 クラミジアについてを更新しました。